いくらうにのデート日記

当ブログでは、「いくら」と「うに」という社会人カップルが名古屋を中心としたデートスポットなどお役立ち情報を発信していきます。

『Maison YWE 〈メゾンイー〉』に行ってきた。チーズケーキと言ったらここ!【名古屋市・栄/矢場町】

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村

こんばんは、いくらです。

 

先日、うにくんと矢場町にあるカフェ『Maison YWE <メゾン イー>』へ行ってきました。

 

今回紹介するのは、インテリア・ファッション・アパレル等の分野で活動しているMAISNETTE inc.が手がけるカフェです。

 

 

基本情報

 

○営業時間 11:30〜22:30

○定休日 木曜日

東山線「栄」駅から徒歩13分、名城線「矢場町」駅から徒歩7分です。

 

ふわふわした可愛らしい雰囲気の『l'atelier du savon<アトリエドュサボン>』という服屋さんの上にあります。

 

ごはんを注文

 

この日は平日の仕事終わりに来ました。

矢場町・大須エリアって夜遅くまで営業しているカフェが多いです。

 

仕事が少し遅くなった日にこのエリアに来れば、ごはんにありつけるのでよく来ます。笑

 

f:id:ikurauni0414:20190703203402j:image

 

服屋さんの横にある階段を上がるとお店の入り口とテラス席があります。意外と人目に付きにくい場所にあるのですが、休日は列ができるほどの人気店です。

 

客層は大学生〜20代が多いと思います。平日の昼間だと、コンセントのあるカウンター席でサラリーマンがPC見ながらランチしていることも◎

 

私も大学生の頃は、バイト前や学校帰り、ごはんの後のお茶をしに友達とよく来ていました。懐かしい!

 

私たちが注文したのは、ココナッツチキンカレーとディナーセット。

 

f:id:ikurauni0414:20190703203449j:image

 

ココナッツの風味でほんのり甘くコクがあって美味しい!カシューナッツが良いアクセントでした。


f:id:ikurauni0414:20190703203452j:image

 

うにくんが頼んだディナーセットはサラダと豆乳スープも付いてきます。ごはんは雑穀米でヘルシー。豚肉が柔らかくて優しい味でした。(※ちなみに左下にあるピクルスは、いくらが頼んだカレーに付いてきたものです。)

 

カフェのごはんって美味しくておしゃれだけど量が物足りないイメージがありますが、十分なボリュームがあり大満足でした。

 

メゾンイーの定番!チーズケーキ

 

メゾンイーに来る大半の人は四角いチーズケーキを求めてくるのではないでしょうか?

 

残念ながら、この日は売り切れでした…

とても人気があるので夕方に行ってもほぼ売り切れています。

 

なので、以前系列店の『re:Li<リリ>』(2018年6月から休業)に行った際に食べたチーズケーキを載せておきますね。

 

f:id:ikurauni0414:20190703203534j:image

 

チーズケーキ部分が濃厚で、下のクッキー?グラハム?の食感がザクザクしてたまりませんでした。

 

最近はメゾンイーでプリンも出しているのですが、これまた人気すぎてありつけませんでした。いつかプリンを食べることができた時にはまた感想をアップしますね。

 

他にも、キャロットケーキやチョコテリーヌなど魅力的なデザートを提供しています。

そしてどれも美味しいです!

 

他4店舗の列店がある

 

MAISONETTEinc.が手がけるカフェは以下の通りです。

 

-Maison YWE (矢場町)

-TT” a Little Knowledge Store (星ヶ丘) 

-re:Li (伏見)

-&EAT (矢場町/PARCO西館)

-THINK TWICE (伏見) 

www.ikurauni.com

 

森道2019にも出店していました。 

こんなにたくさんの系列店があるんですね。

 

それぞれに違ったコンセプトがあるようです。是非制覇したい。

 

最後に

 

カフェとしても、ランチ、ディナーとしても利用できるカフェです。美味しいしおしゃれだし場所もいいし、ファンが多いのも納得です。

 

周りにはアパレルショップや雑貨屋があり、お買い物ついでに立ち寄ってみても◎

 

うにくんと行ったときは21時近かったのですが、珍しくお客さんはいませんでした。デザートはいくつか残っていたので、ゆっくりしたい方は平日の夜遅くが狙い目かもしれませんね!

 

私たちおすすめの『Maison YWE 〈メゾンイー〉』に、

皆さんも是非行ってみてはいかがでしょうか。

 

ではまた

いくら

 

こちらもどうぞ↓

www.ikurauni.com

www.ikurauni.com

www.ikurauni.com